アゲハ飼育日誌2033 クスアオシャク 既視感 続報

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第33稿:

今日も雨。今年の梅雨はよく降りますね。去年もそうでした。(日誌でわかります)

今回は番外の話から。

クスアオシャク

2020.7.13~

外で取ってきたクスノキにこんな虫が付いていました。

これが2匹。

調べてみたら、クスノキに付くシャクトリムシ、クスアオシャクでした。

擬態

動いていない時は擬態しています。

顔を上に向けて、前脚3対を合わせていることがわかります。

これはまだいいのですが、

こんな時も。

もうちょっと植物の構造に合わせて化けてほしいですね。

でも拡大すると、

このとおり、がんばっている様子が伝わってきます。

眼は左右に単眼4個ずつか。(アゲハは6個ずつ)

長い胴体に血流が。頭に近づくにつれ細くなります。

スポンサーリンク

 

蛹化

数日後、いなくなったと思ったら、葉っぱに隠れて蛹化の準備を始めていました。

葉っぱを3枚くっつけて、その中に入っています。

糸でしっかり固定。なかなか賢いですね。

成虫は青緑色?の小さい蛾、これ です。

あの細長い幼虫がこうなるとは。

羽化が楽しみです。

スポンサーリンク

 

既視感

2020.7.15

アオスジアゲハの幼虫が死んで落ちていました。

赤茶色の体液が染み出ています。

これはアオスジアゲハの幼虫特有の死に方。昨年何度も見ましたので、既視感があります。

薬害とする人が多いようですが、なぜここまで大きくなってから死ぬのか。

病気?

 

続報

2020.7.16

虎の子ジャコウアゲハが4回目の脱皮をしました。

5齢幼虫。2cmほど。

餌が少ないと6齢、7齢まで脱皮を繰り返して、まともに羽化できなくなるそうですが、うちのはちゃんと食べているので大丈夫でしょう。

朝起きてみると、すでに脱け殻をほとんど食べ尽くしていて、トレーにお面と残骸が落ちていました。

脱皮したのは、おそらく夜中の1時頃です。

かみさんが前兆に気づき、しばらく張り付いていたのですが、なかなか始まらないので寝てしまい、動画は撮れませんでした。

金平糖のようなイボイボが、どんなふうに出てくるのか見たかったのですが、残念。

前回の脱皮は7月12日15時26分なので、3日と9~10時間後。

やっぱり早いですね。

スポンサーリンク

 

YouTube

当サイトのYouTubeチャンネルに、なぜか人が集まってくると 今年の日誌23稿 に書きましたが、いまだにその波が続いています。

図らずもフォロワーが増えてきましたので、気を利かして動画をカテゴリー分けしました。

当サイトの動画をまとめてご覧になりたい方は、左下のバナーを踏んで、ご覧ください。

動画の説明欄に掲載記事のリンクも貼ってあります。

 

2020/7/18

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました