アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

アゲハ飼育日誌2139 巣作り やっぱり羽化 屋外育ち

アゲハ飼育日誌2021年第39稿:

■クスアオシャクの適当な巣作り

■予想どおり羽化したナミアゲハ

■大量入荷のアオスジアゲハ続々蛹化

■屋外育ちはぱっつんぱっつん

巣作り

2021.11.10

久しぶりにクスアオシャクの巣作りを見ました。

こんな感じで始まります。

茎と葉っぱの主脈を糸で連結。

約2時間後。

中が丸見えですが、これで完成の模様。

この中で蛹になります。

こんなんでいいんだ。

昨年夏のはこんな感じでした。

葉っぱ3枚綴りの力作。

ではあるものの、似たようなもんですね。

 

やっぱり羽化

2021.11.10

前稿 掲載のクロアゲハと同じ、夜間も明るい場所にいたナミアゲハ。

予想どおり、羽化しました。

立派な夏型。

薄日が差す午後、放蝶。

幸い今年の11月は暖かく、最高気温20度前後の日がまだしばらく続きます。

よかった。

 

 

続々蛹化

2021.11.11~

先月中旬に大量入荷したアオスジアゲハ約20匹。

続々蛹化しています。

ワンダリング前。

お出かけ。

これでも急いでいます。

これは?

悩んでる?

これは残念。やられました。

また。まだ。

やだやだ。

全員同じ環境で育っているので、まだ出てくるでしょう。

昨年の日誌を見てみたら、最後の出現は11月29日。

今年もそれぐらいになりそうです。

 

屋外育ち

2021.11.13

屋外育ちのアオスジアゲハは違います。

色が濃く、

ぱっつんぱっつん。

ここはゴルフ練習場の横。

夜も11時頃まで煌煌と明るいので、休眠蛹にはなれないでしょう。

それ以前に寄生されている可能性大です。

アオスジは寄生されやすいんだよね。

こぼれ種から伸びた小さいクスノキがたくさんある所。

こういう幼虫が何匹いることか。

これもムチムチ。クスアオシャク。

屋外育ちはたくましい。

 

2021/11/18

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました