アゲハ飼育日誌2006 今季最初の越冬さなぎ羽化は悲話2つ

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第6稿:

前回の日誌 の最後に「しばらく休みます」と書きましたが、予想外に早い再開となりました。

早くも今季最初の越冬さなぎが羽化したからです。

その話しの前に、番外の羽化の話から。

ヤサイゾウムシ羽化

番外というのは、ハクサイやコマツナを食べる害虫とされるヤサイゾウムシの話です。

親切のつもりが仇に

2020.2.19

前々回の日誌 にヤサイゾウムシの幼虫が土にもぐった話しを載せましたが、かみさんがさなぎを掘り起こしました。

これが、突っつくとよく動きます。

アゲハの幼虫は、こんなに長い間動き続けることはありません。

飼育経験がないのでわからないのですが、甲虫のさなぎはみんなこうなのでしょうか。

このさなぎはなかなか羽化できずに困っていると思ったかみさんは、ピンセットで胴体の一部を引っ張ったりして、結局このさなぎは死んでしまいました。

親切のつもりでやったことが仇に。無知ゆえの失敗。申し訳ないことをしてしまいました。

すみません。

スポンサーリンク

 

初めて見る成虫

2020.3.6

鉢植えの土にもぐったヤサイゾウムシの幼虫は3匹いましたので、あと2匹いるはずです。

そのうちの1匹がちゃんと成虫になって出てきました。

見慣れない虫がじゅうたんの上を歩いていたので、捕まえて調べてみたところ、ヤサイゾウムシの成虫とわかりました。

体長約1センチ。

こんな地味でちっぽけな虫でも、幼虫から育てたと思うと可愛く感じます。

成虫は土に潜って眠るということなので、ベランダの鉢植えに移しました。

アブラナ科以外の植物も食べるそうですが、うちのベランダに食べられるものがあるかどうか。

無ければ、どこかに飛んでいくでしょう。

スポンサーリンク

 

今季初の越冬さなぎ羽化

アゲハチョウ越冬さなぎが羽化。去年の越冬さなぎ最初の羽化は4月下旬でしたので、不意打ちでした。

ベランダで

2020.3.4~5

かみさんが朝、鉢植えの水やりでベランダに出たところ、クスノキの枝にアオスジアゲハがとまっていました。

その木についているさなぎは2匹だと思っていたら3匹いて、羽化したさなぎはノーマーク。意表を突かれました。

寒い日だったので、部屋の中に入れたところ、

枝にとまったまま、ずっと小刻みに羽ばたいています。

よく見ると、口吻は伸びたまま、後脚は曲がったままの羽化不全体。枝にしっかりつかまれないからか、落ち着かない様子。翅の色も精彩を欠いています。

まだ外で生きていける気候ではないので、急遽かみさんが蝶ネットを組み立てて、中に入れました。

その後、なぜかほとんどの脚が硬直。

つかまることができず、倒れたまま翅をずっと動かしているので、いろいろ試して、なんとか安定姿勢維持。

これは羽化の翌日、最初で最後の日向ぼっこ。午後になって、このまま死んでいました。

少し蜜は吸ったものの、ずっと羽ばたいていたので体力の消耗が激しかったのでしょう。たった2日の命でした。

楽しみにしていた越冬さなぎの羽化は不意に訪れ、こんな悲しい結末でしたが、もっと悲しいことがあったのでした。

スポンサーリンク

 

メーターボックスで

2020.3.4

アオスジアゲハの羽化を知り、「もしかしたら」とメーターボックスの越冬さなぎを見てみたところ、なんと、ナミアゲハが羽化した状態で死んでいました。

痛恨の極み。慙愧の念に堪えません。

かみさんは越冬さなぎが入っている箱をここ数日覗いておらず、その間に羽化していたのです。

それ以前に、羽化した蝶がつかまるための割り箸を貼り忘れていました。

このとおり、ジャコウアゲハのさなぎの上に貼ってあるような割り箸が、羽化したナミアゲハの脱け殻の上には貼ってありません。

羽化した蝶はつかまる所がなくて落下、翅を伸ばして乾かすことができず、そのまま力尽きてしまったようです。

伸びきっていない翅だけでなく、お腹まで乾いていたので、死後2,3日はたっていたと思います。

暗闇の中でもがいて死んだ蝶を想うと、いたたまれない気持ちになると同時に、勝手に飼育しておいて、死なせてしまった自責の念に駆られます。

かみさんは自戒を込めて、死んだ蝶の屍を取っておくと言っています。

蝶が気の毒すぎて、写真を撮る気にはなりませんでした。

スポンサーリンク

 

あとがき

このように、今季最初の越冬さなぎの羽化は、残念ながら明るい話題にはなりませんでした。

昨年暮れから羽化不全が頻発しています。寒い時期はそういうものなのでしょうか。

あとの越冬さなぎ10匹は、外で生きていける季節になってから出てきてほしいところ。そう願わずにいられません。

 

越冬も 羽化もしたのに あっけない

 

2020/3/8

コメント

タイトルとURLをコピーしました