アゲハ飼育日誌2039 蛹になれなかった幼虫 幼虫から幼虫

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第39稿:

今回は悲話が3つです。前にもありましたね。

悲しい話が3つ続きます。あしからず。

室内蝶没

2020.8.8

硬直した状態から蘇生したアオスジアゲハ( 今年の日誌36稿 掲載)が死にました。

朝、窓の下で

こうなっていました。

羽化したのは7月22日でしたので、18日の短命。

その間、旅立つ仲間を何匹見送ったことか。

スポンサーリンク

 

蛹になれなかった幼虫

2020.8.8

3日前に、こんなツイートをしました。

今日この幼虫が死にました。

寄生されている様子はありません。

突然葉っぱを食べなくなり、ほとんど動かなくなり、死ぬわけでもない、という状況から推し量ると、HANAさんのコメントにある「蛹化するためのホルモン?がくるってしまい…」という説がしっくりきます。

蛹化のスイッチは入ったものの神経伝達物質の異常で、ガットパージ以降一連の行動に移らなかったのかもしれません。

長年アゲハの飼育をしていますが、我が家では初めて見るケースでした。

スポンサーリンク

 

幼虫から幼虫

2020.8.9

ナミアゲハの3齢幼虫から、寄生バチ(おそらく)の幼虫が出てきました。

糸を吐きながら這行しています。わかりますか?

このあと、予想どおり繭を作り始めました。

糸を輪っかにして、尻に引っ掛けました。器用ですね。

このあと、うねうねしながら糸を紡いで、繭を編んでいきます。

2時間後。気がついたら、繭の形になっていました。

ずっと見ていたわけではありません。(笑)

翌日。カチカチに頑丈な繭になっていましたが、マクロレンズで覗いてみたら、中でまだ糸を吐いていました。

いったい、いつまで吐き続けるのか。

アゲハの幼虫から出てくる寄生虫は稀ですが、初めて見たわけではありません。

昨年はアオスジアゲハの幼虫から出現。おそらく同種の寄生バチだと思いますが、それは糸にぶら下がりながら繭を作りました。

興味のある方は、こちらの記事をご覧ください。

アゲハ飼育日誌1947 第3の寄生虫 蛹にも顔 謎の突然死
ヤドリバエ、タマゴコバチに次ぐ第3の寄生虫が現れました。クロアゲハはさなぎにも顔があります。ナミアゲハ終齢幼虫謎の突然死
スポンサーリンク

 

余聞

先月末にツイッター上で、ヤドリバエに寄生されながら羽化したナミアゲハの話がありました。

そんな話はこれまで聞いたことがなく、類例も見つからなかったのですが、Yahoo!知恵袋に興味深い回答がありました。(先程気づきました)。

その中には類例のYouTube動画も含まれています。

ご覧になりたい方は こちらの記事 に貼ってあるリンクから覗いてみてください。

最近Yahoo!知恵袋は頼りないと思っていましたが、この件で見直しました。

 

2020/8/11

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました