質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ飼育日誌2050 越冬の準備 乱産卵 衝撃ハエトリ

アゲハ飼育日誌2020年第50稿:

今回はアゲハを飼育している皆さんに役立つ情報があります。

衝撃の映像も。(笑)

越冬の準備

2020.10.6

昨年は越冬し損なう、つまり11~12月に羽化するアゲハが続出し、知識と経験の不足を痛感しました。

冬の蝶飼育に夏の幼虫飼育のような楽しさはありません。蝶はかわいいのですが、切ないような、申し訳ないような、複雑な心境になります。

ということで、今年は1匹でも多く越冬させたいと思い、早めに若齢幼虫をダンボール箱に入れ、採光時間を10時間程度にしています。

上の箱にアオスジアゲハ。

下の箱にナミアゲハとクロアゲハ。

アゲハの蛹を冷蔵庫に入れて越冬させる人もいるので、こんなツイートをしたところ、たくさんコメントをいただきました。

コメントをくださった皆さん、ありがとうございました‼

貴重な情報が集まったので、関心のある方はご覧になってみてください。

とても勉強になりました。

そのうち情報を整理して、越冬の記事 をリライトします。

乱産卵

2020.10.6

かみさんがアオスジアゲハの卵を持ち帰りました。

こんな小さい枝に15個(裏に1個)も付いています。

これは街路樹の幹から出ていた新芽。近くにはこれ以外全く葉っぱがなかったとか。

ほかに産む所はなかったのか。

放ってはおけないので、持ってきたとのこと。

アオスジアゲハならベランダにクスノキがあるので、何とかなるそうです。

果たして何匹孵化するか。

衝撃

2020.10.7

時々アゲハの幼虫がいなくなる理由がわかりました。

脱走ではなく、

アダンソンハエトリに拉致されていたのでした。

イモさらい。

同じ時、こっちでは別のハエトリグモがナミアゲハの1齢幼虫を食べています。

かみさんが衝撃の現場を押さえました。

クモ類の消化方法は体外消化です。「体外消化とは、捕えた獲物に消化液を注入し、消化された液体状の物を吸い取る方法」。― Wikipedia「消化」

ハエトリグモはダニやコバエを食べる有難い存在。益虫です。

昨年の日誌 に書いたとおり、動く生き物しか食べないそうなので、もっさりしたアゲハの幼虫は大丈夫だと思っていました。

家の中にも天敵がいたとは。

室内でアゲハを飼育する人にとっては、ちょっとした衝撃です。

余聞

猫もアゲハの天敵なんですね。

友人が、うっかりアゲハチョウがいる部屋のドアを開けていたら、猫が入ってきて食べられてしまったと言っていました。

猫は蝶を食べるんですか? 遊んで殺してしまうのではありませんか?

私の聞き間違えではないかと思っています。

うちの猫はたぶん食べません。

2020/10/9,2022/2/13

コメント

タイトルとURLをコピーしました