アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

【実録】キマダラカメムシの卵から幼虫がわちゃわちゃ

葉っぱの裏に整然と並んだマスカットのような卵。「何の卵だろう」と思いましたか?

我が家でも、アゲハの餌用に採ってきた葉っぱに付いていました。

調べてみたら、キマダラカメムシの卵と判明。放っておいたら、幼虫がわちゃわちゃ。

それはどんな感じなのか記録しましたので、ご覧になってみてください。

また、番外の話だね。

その前に、キマダラカメムシとはどんな虫なのか、簡単に紹介しておきます。

キマダラカメムシとは

キマダラカメムシ(学名: Erthesina fullo)とは、カメムシ目カメムシ科に分類されるカメムシの外来種です。

体長: 1齢幼虫は2mmほど。成虫は20~25mm。

発生時期: 4~11月。成虫で越冬します。

分布域: 本州以南。

食草: サクラ、カキ、ナシ、ウメ、モモ、アンズ、フジ、クワ、エノキ、クスノキなど多数。葉っぱや果実の汁を吸います。

 

スポンサーリンク

 

キマダラカメムシの卵から幼虫が

卵を採取した日は5月28日。産卵日は不明。

孵化

卵はこんな感じで付いていました。

アオスジアゲハ用に採ってきたクスノキの葉っぱの裏。

直径1mmほど。

1箇所に12個産むことが多いようです。

最初は何の卵なのかわからなかったので、ツイッターで教えてもらいました。

「マスカット」という回答も散見。(笑)

6月1日。卵に謎の黒い三角形が出現。

これは「卵殻破砕器」と呼ばれる、幼虫の頭部に付いている器官。幼虫はこれを使って卵の殻を破り、外に出てきます。

その瞬間を見たかったのですが、気がついたら、こうなっていました。

6月3日7時42分。幼虫が11匹、わちゃわちゃ。

おそらく、卵の狭間にある共生細菌(親が残したカプセル)を吸っているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

共喰い?

6月3日。

14時47分

共生細菌を吸い終わると、このように卵を囲む形で落ち着くようです。

模様がくっきりしてきました。

1個、まだ孵化していない卵がありましたが、

15時50分。また、わちゃわちゃし始め、

元に戻ったと思ったら、孵化していない卵の中身が、なんと無くなっていました。

幼虫の数は変わらないので、兄や姉たちに吸い尽くされてしまったようです。

これって、共喰い?

ああ無情。

スポンサーリンク

 

脱皮

6月6日。

黄色から赤に変色。

もう卵の殻の周りにいる必要はありません。

6月8日7時39分。いつの間にか、1匹だけ先に脱皮。

あまりの変わりように、最初これを見た時は、別の虫が紛れ込んだのかと思いました。

2齢幼虫。体長5mm。

このあと、次々脱皮。

脱皮最後のところ。2倍速。

最初から見れなくて残念。すみません。

 

脱皮したてはカニかまかゆでエビか。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、キマダラカメムシの卵から幼虫がわちゃわちゃ出てきて、脱皮するまでの記録でした。

何がしか、お役に立てば幸いです。

続報があれば、追記します。

それにしても、しばらく待ってから、孵化しない卵の中身を吸い尽くしてしまうとは。

資源を無駄にしない習性に感心します。

 

2021/6/12

昆虫・小動物 写真ブログ・テーマ
昆虫・小動物

コメント

タイトルとURLをコピーしました