質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【発見】ツマグロヒョウモン成虫の特徴 アゲハチョウとの違い

ツマグロヒョウモンを飼育していますか?

我が家で飼育しているうちに、おもしろい特徴がいろいろあることに気づきました。

我が家では繁殖期なら放蝶しますが、冬期は室内で寿命を全うさせます。

この記事では成虫の特徴ついて、当サイトの専門分野であるアゲハチョウと比較して書きます。

ツマグロヒョウモン成虫の特徴

同じ鱗翅目でも、ツマグロヒョウモンはタテハチョウ科、アゲハチョウはアゲハチョウ科です。

アゲハチョウには見られないツマグロヒョウモン、成虫の特徴は以下のとおり。

脚は4本?

ツマグロヒョウモンの脚は何本?

昆虫の脚は6本というのが常識ですが、

一見4本しかないように見えます。

でも、よく見ると、

目のすぐ下に退化した前脚が2本あります

これはタテハチョウ科全体の特徴のようで、ウィキペディアにこう書いてありました。

成虫の前脚が退化して短くなっている。そのためぱっと見たところでは脚が4本しかないように見えるが、よく見ると頭部と前の脚(中脚)の間に小さく折り畳まれた前脚がある。この前脚は歩行や掴まるためには役立たないが、先端に生えた感覚毛で味を感じることができ、感覚器官としての働きに特化している。食事や産卵の直前には餌や幼虫の食草・食樹の表面に前脚を伸ばし触れる動作をおこなう。ー ウィキペディア タテハチョウ科

ということで、歩行器官としての脚は4本だけ。

それでも、次の特徴を見るとわかりますが、アゲハチョウより健脚です。

窓ガラスを歩ける

脚は4本でも、窓ガラス(擦りガラス)を歩けます

これはアゲハチョウにはできない芸当。

爪の形状の違いか。脚力が強いのか。

サッシの金属部分も普通に歩いていました。

ぼくも歩ける。

ぶら下がって眠る

窓辺で一日過ごした後。

アゲハチョウはほとんどの場合、レースのカーテンにとまって眠ります。

それに対してツマグロヒョウモンは、

このようにほとんどの場合、サッシの縁にぶら下がって眠ります。

この違いは変態前、つまり蛹の時の名残ではないか。

ツマグロヒョウモンの蛹は垂蛹型。

アゲハチョウの蛹は帯蛹型。

これはわかりやすい。

冬期の飼育環境に関しては、こちらの記事をご覧ください。

寝る前の儀式

寝る前はよくこうなります。

ゆっくり翅の開閉を繰り返してから、翅を閉じて就寝。

アゲハチョウにこのような行動は見られません。

吸蜜

蜜を吸わせる時。

アゲハチョウは前脚を蜜に触れさせ、口吻を引っぱり出して蜜に触れさせないと吸いません。

何度か繰り返すと、自発的に吸うようになります。

ツマグロヒョウモンは前脚を蜜に触れさせれば、勝手に口吻を伸ばして吸い始めるので、餌やりが楽です。

花にとまって蜜を吸う時は、こんな感じで翅を開閉します。

アカタテハやキタテハもこうなので、これはタテハチョウ科特有の動きなのかもしれません。

アゲハチョウは翅を開いたままか、閉じたままです。

おとなしい

アゲハチョウはやたら無闇に羽ばたきます。

これはジャコウアゲハ♂。

食後はいつもこうなるというわけではありませんが、アゲハチョウはよくバタつくので、すぐに鱗粉が取れてしまいます。

特にナミアゲハとアオスジアゲハ。

それに対して、ツマグロヒョウモンは落ち着いています。

蜜を吸い終わると、のんびり窓辺に歩いていきました。

窓辺にいると、アゲハチョウは気が狂ったように飛び回ることがありますが、ツマグロヒョウモンがそこまで激しく飛び回ることはありません。

蛹便

蛹便。わかりますか?

こういうものです。

さなぎから羽化するときに排出される体液。チョウなどの完全変態をする昆虫の一部にみられる。折りたたまれた羽を展開するとき、翅脈に体液を圧送するが、その余分な体液を便として排出するもの。羽化液。― デジタル大辞泉

アゲハチョウの蛹便排出はこんな感じです。

殻から出る時に排出。

蛹便は脱け殻の中に溜まります。

ツマグロヒョウモンは羽化してから数十分後に排出

血のような赤い蛹便。

乾いた跡は血痕のようです。

うわっ。

あとがき

以上、アゲハチョウには見られないツマグロヒョウモン、成虫の特徴について書きました。

この記事がお役に立てば幸いです。

ツマグロヒョウモンの細かい点に関しては、こちらの記事をご覧ください。

2021/11/28,2022/8/8

コメント

タイトルとURLをコピーしました