アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

モンシロチョウの寿命はどれくらい? 卵~成虫の各日数

モンシロチョウの寿命はどれくらいなのでしょうか。

モンシロチョウは孵化してから、幼虫、前蛹、蛹、成虫へと形を変える完全変態型の昆虫(鱗翅目)です。

この記事ではその成長過程を辿りながら、各形体期間の日数を記します。

我が家でもモンシロチョウの飼育をしていますが、個体の寿命は発生時期や生育環境に左右されるため、掲載している日数には幅を持たせています。

どうぞ参考になさってください。

 

モンシロチョウの寿命

モンシロチョウの生涯を5つのパートに分けます。

卵の期間: 3日以上

モンシロチョウの卵:

孵化するまでの日数は平均気温が高ければ短く、低ければ長くなります。

 

スポンサーリンク

 

幼虫

幼虫の期間: 夏場は10日前後。気温が低ければそれ以上

モンシロチョウの幼虫:

これはおそらく4齢幼虫。

モンシロチョウの幼虫は1齢幼虫から5齢幼虫になるまで4回脱皮しますが、脱皮しても色も形も変わらないため、齢数がわかりにくです。

幼虫の期間、つまり孵化してから前蛹になるまでの日数も、気温が高ければ短く、低ければ長くなります。

 

前蛹

前蛹の期間: 1~2日

モンシロチョウの前蛹:

前蛹の期間とは、幼虫が糸掛けをしてから、脱皮をして蛹になるまでの期間です。

 

蛹の期間: 夏場は7日前後。気温が低ければそれ以上

モンシロチョウの蛹:

越冬する場合は、暖かくなるまで数か月休眠します。

 

スポンサーリンク

 

成虫

成虫の期間: 数日~1か月以上

モンシロチョウの成虫:

成虫の生存日数は置かれた環境によって全然違ってきます。

自然界であれば天敵に襲われる危険がありますので、数日しか生きられないかもしれません。

飼育環境下でも飼い主によって差が出ます。我が家でやむなく飼育した羽化不全体は、3週間生きました。

うちで育てたモンシロチョウは、羽化不全でなければ放蝶します。

ということで、成虫の期間は上記のとおり、曖昧な数字になります。

あしからず。

 

合計すると

ということで、各形体の日数をまとめるとこうなります。

3日以上
幼虫10日前後か、それ以上
前蛹1~2日
7日前後か、それ以上
成虫数日~1か月以上

これからモンシロチョウの寿命を割り出すとこうなります。

約3週間~1か月以上

冒頭で述べたとおり、この日数は発生時期や生育環境によって変わります。

越冬する個体はプラス数か月(越冬蛹の期間)です。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、モンシロチョウの寿命、孵化してから死ぬまでの大まかな日数を書きました。

お役に立てば幸いです。

モンシロチョウの飼育に関しては、こちらの記事をご覧ください。

【実録】モンシロチョウ幼虫の育て方 青虫が蝶になるまで
モンシロチョウの幼虫を育てていますか? あるいは、これから育てるところですか? 我が家では購入した野菜に幼虫がついていると育てています。どんな感じで育てているのか。この記事にまとめておきますので、どうぞ参考になさってください。

 

2021/7/2

昆虫・小動物 写真ブログ・テーマ
昆虫・小動物

コメント

タイトルとURLをコピーしました