【実録】モンシロチョウが越冬して羽化するまでやったこと

モンシロチョウ越冬しそうですか?

蛹を無事に越冬させるためにはどうすればいいのかと、考えておられるかもしれません。

越冬するのは蛹だけです。卵、幼虫、成虫は越冬しません。

我が家でモンシロチョウの幼虫が越冬蛹になり、翌年春に羽化しました。

この記事ではその一部始終を書いています。どうぞ参考になさってください。

モンシロチョウの幼虫が越冬蛹になるまで

モンシロチョウがうちにやって来たのは2017年11月24日。

スーパーで買ってきたブロッコリーのラップを剥がすと、幼虫がポトっと落ちました。

かみさんはアゲハが全部いなくなって、寂しがっていたので大喜び。我が家初となるモンシロチョウの飼育が始まりました。

幼虫の餌やり

【 11月24日 】

早速餌やり。

とりあえず、冷蔵庫にあったキャベツをやりました。

よほど腹が減っていたのか、最初はこのようによく食べていましたが、そのうち食べなくなりました。

新鮮ではなかったからでしょう。

翌日、スーパーでもらってきた新鮮なブロッコリーの葉っぱに乗せると、すぐに食べ始めました。

やっぱり、わかるんですね。

 

 

スポンサーリンク

 

蛹化~越冬

【 11月26日 】

幼虫の大きさを見て、蛹化が近いと判断したかみさんは、越冬用ケースの作成開始。

100円ショップで買ってきたプラスチックのケースに、熱くしたアイスピックで空気穴を開けました。

力作です。

【 11月28日 】

ワンダリング(蛹化の場所決め)が始まりました。

一生懸命に糸を吐きながら、ケースの壁をよじ登っています。

 

【 11月29日 】

もう動きません。

 

【 12月1日 】

脱皮して、蛹になりました。

 

【 12月4日 】

すっかり冬の色になりました。

これまでアゲハの蛹が越冬したことはありませんので、我が家で初の越冬蛹です。

ベランダの片隅で春を待ちます。

おやすみ。

スポンサーリンク

 

モンシロチョウの越冬蛹が羽化するまで

時は流れて、翌年春。

羽化の準備

【 3月23日 】

翅の模様が透けて見えてきたので、蛹を羽化セットに移しました。

お手製の羽化セット。

エッグスタンドに立てた割り箸に、蛹ポケットを貼り付けました。

こうしておけば、羽化した時に割り箸につかまることができ、上まで歩いていって水平にぶら下がり、翅を乾かすことができます。

蛹ポケットの作り方は、こちらの動画 でご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

羽化

【 3月26日 】

羽化前日。

翅の紋が見えています。

 

【 3月27日 】

10時頃、羽化。

そろそろ出てきそうだと思って、部屋の中に入れていたのですが、気づいた時にはこうなっていました。

羽化の瞬間を見逃してしまい、残念。 

凝視。

 

なかなか飛ばないので、ベランダのカタバミに乗せました。

そのうち飛んでいくでしょう。

 

スポンサーリンク

 

おまけ

3月24日、モンシロチョウの越冬蛹を羽化セットに移した翌日。

スーパーで買ってきたコマツナに青虫が付いていました。

てっきり、これもモンシロチョウの幼虫だと思っていたら、違いました。

なぜわかったかと言うと、

このとおり、繭を作ったからです。

調べてみたところ、これはコナガ(小菜蛾)でした。モンシロチョウと間違えやすいとのこと。

いろいろいますね。

モンシロチョウとコナガの見分け方は、こちらの記事でご覧ください。

コナガの幼虫とモンシロチョウの幼虫の見分け方 6つの違い
コナガの幼虫とモンシロチョウの幼虫は一見似ていますが、よく見ると明らかな違いがあります。両方を同時に飼育して、6つの違いがあることに気づきました。この記事をご覧になれば、コナガとモンシロチョウの簡単な見分け方がわかります。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、我が家に来たモンシロチョウの幼虫が、越冬して羽化するまでの記録でした。

お役に立てば幸いです。

モンシロチョウはアゲハチョウと比べると小さくて地味ですが、育ててみれば、なかなか可愛いものです。

我が家初の越冬蛹が羽化して、ほっとしました。

もう思い残すことはありません。

 

 

この話にはちょっぴり切ない後日談があります。

こちらの記事でご覧ください。

モンシロチョウ成虫の飼育 餌のやり方 飛べない蝶を助けて
モンシロチョウの成虫を飼育していますか? 餌をやるのに苦労していますか? 羽化したモンシロチョウが羽化不全だったため、我が家で寿命を全うさせました。この記事で餌の準備ややり方も説明していますので、参考になさってください。

 

2018/3/27,2021/6/19

コメント

  1. みかぴん より:

    はじめまして、わが家も先週からモンシロチョウの蛹を観察しています。
    どこからやってきたのか不明の青虫が翌日には花瓶の壁で蛹になりました。そのまま羽化させようとも考えたのですが、いろいろ調べて春まで越冬させようと思っています。
    そして、こちらへと辿り着いたんですが、飼育についてご教授お願いします。
    蛹は乾燥させないようにと書いてあるところもあったのですが、途中霧吹きなどで蛹を湿らせたりしましたか?
    特に気をつけた方がよいことはありますか?
    なんとか越冬させて気候の穏やかな春を迎えさせてあげたいです。
    どうぞよろしくお願いします。

    • 最初のうちは霧吹きをしたような気もしますが、はっきり覚えていません。
      特に乾燥しやすい環境でなければ、自然に任せて大丈夫だと思います。
      越冬蛹の管理に関しては、こちらの記事 を参考になさってください。
      モンシロチョウでもアゲハチョウでも、やることは同じです。

タイトルとURLをコピーしました