アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

【検証】モンシロチョウ 蛹になるまでの期間に取る3つの行動

モンシロチョウの終齢幼虫が餌を食べなくなりましたか? それは蛹化の前兆かもしれません。

幼虫が蛹になるまでの期間に取る一連の行動があります。

それはどんな行動なのか。

この記事にまとめましたので、どうぞ参考になさってください。

 

モンシロチョウ蛹になるまでの期間

終齢幼虫→前蛹→蛹と変化する間に取る3つの行動とは…

ワンダリング

最初の行動はワンダリング

ワンダリングとは、幼虫が蛹になる場所を探して動き回ることです。

ワンダリングは必ずするわけではありません。我が家では、コマツナにいた幼虫はワンダリングしましたが、キャベツにいた幼虫はワンダリングしませんでした。このままで問題ないと判断したのかもしれません。

ワンダリングが始まると、食草から離れて行方不明になる可能性があるため、我が家では

このようなケースに閉じ込めます。

Amazonで昆虫ケースを見てみる

アゲハチョウの時と同じように、枝や割り箸を入れていますが、いつもケースの天井に張り付きます。

モンシロチョウの食草は木本ではなく草本なので、平面のほうが馴染むのかもしれません。

遺伝子の記憶?

スポンサーリンク

 

糸掛け

次の行動は前蛹になる前の糸掛けです。

ワンダリングして蛹になる場所が決まると、しばらく休んだ後、まず180度回転して大量の糸を吐き、お尻を固定。それから180度回転して元に戻り、体を徐々に縮め、太く短くなります。

それから糸掛けを始めます。

最後のところだけ。3倍速。

前脚で糸を抱えているのがわかりますか?

最後、帯糸(糸の輪っか)に頭をくぐらせて完了です。

10分以上かかりました。

帯糸は幾重にも束ねているので、釣り糸のように頑丈です。

前蛹の大きさ: 3.3cm

 

スポンサーリンク

 

脱皮

最後3番目の行動は、前蛹から蛹に変わる脱皮です。

前掲の個体は、

このとおり、翌朝蛹になっていました。

ということで、脱皮の様子は見れなかったので、別の個体で見てみましょう。

キャベツの葉に糸掛けした前蛹。

モンシロチョウの前蛹はアゲハチョウのように、くの字に曲がりません。

この個体はワンダリングしませんでした。

蛹に脱皮。5倍速。

脱皮直後の蛹。

 

スポンサーリンク

 

蛹の大きさ

補足情報として、蛹の大きさを載せておきます。

ケースの天井で蛹化した蛹(薄い緑色): 2.2cm

キャベツの葉で蛹化した蛹(濃い緑色): 1.9cm

両方とも蛹ポケットに移しました。

 

前蛹や蛹が落ちた時の対処法

前蛹や蛹の帯糸が切れたり、お尻の固定が外れたりすることがあるかもしれません。

あるいは、前述のケースのように、蛹を別の場所に移す必要が生じるかもしれません。

そういう場合の対処法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

【簡単】アゲハチョウの前蛹や蛹が落ちた時の救済方法
アゲハチョウの前蛹や蛹が落ちたり、宙ぶらりんになったりすることが時々生じます。そのままにしておけば、死んでしまうでしょう。どうしたらいいのでしょうか。救済方法をまとめて書きましたので、どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウの記事ですが、やることは同じです。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、モンシロチョウの幼虫が蛹になるまでの期間に取る3つの行動について書きました。

お役に立てば幸いです。

モンシロチョウの蛹化前後の飼育に関しては、こちらの記事をご覧ください。

【実録】モンシロチョウ幼虫の育て方 青虫が蝶になるまで
モンシロチョウの幼虫を育てていますか? あるいは、これから育てるところですか? 我が家では購入した野菜に幼虫がついていると育てています。どんな感じで育てているのか。この記事にまとめておきますので、どうぞ参考になさってください。

 

2021/6/15,8/3

昆虫・小動物 写真ブログ・テーマ
昆虫・小動物

コメント

タイトルとURLをコピーしました