アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

アゲハ飼育日誌2128 ヤドリバエ羽化 ツマグロヒョウモン

アゲハ飼育日誌2021年第27稿:

今回も番外席巻。

寄生虫とタテハチョウ科。

 

ヤドリバエ羽化

2021.9.28~

今年の日誌23稿 に載せたヤドリバエが羽化しました。

蛹化後、ちょうど2週間で。

自力では出られそうにないので、かみさんがピンセットでアシスト。

アゲハチョウの蛹と違って、殻が硬いんですね。

土の中(本来の居場所)なら、ここまで硬くならなかったのかもしれません。

やっと出られたものの、疲労困憊。翅は伸びる気配なし。

必死に出ようとしているところを、私がしばらくボーっと眺めていたので、その間にだいぶ体力を消耗してしまったようです。

かわいそうなことをしてしまいました。

翌日死亡。

忘れていたので、計測。

 

スポンサーリンク

 

ツマグロヒョウモン

2021.9.28

所用で恵比寿へ。

民家のプランターにいたツマグロヒョウモン。

きれい。

この翅の開閉は、タテハチョウ科の特徴ではないでしょうか。

”立て羽”という割には、翅を開いてとまる蝶が多いような気がします。

子供の頃、翅を開いてとまるのは蛾、閉じてとまるのは蝶と覚えていたので、アカタテハとキタテハは蛾だと思っていました。

2~3週間前に、職場の近くでツマグロヒョウモンの終齢幼虫を見かけました。

小さいスミレの株に20匹ぐらいいたので、1匹持ち帰ろうかと迷った挙げ句、餌の確保が難しいと思って自重。

帰宅後、スミレが1鉢あったことがわかり、後悔しました。

 

スポンサーリンク

 

今年2回目の遭遇

2021.9.30

ギンケハラボソコマユバチ。今年2回目の遭遇。

クロアゲハの幼虫から出てきました。

これまでは、出てくるとすぐに繭を作り始めていましたが、今回は作りません。

サイズも小さく、出てくるのが早すぎたのか。

この幼虫はなかなか大きくならないと思っていたら、こういうことでした。

ギンケハラボソコマユバチの繭作りは、こちらの記事でご覧になれます。

【閲覧注意】アゲハチョウの寄生虫 どんなのがいるの?
アゲハチョウの周りは天敵だらけ。中でもアゲハ愛好家が特に悩まされるのは寄生虫でしょう。アゲハの寄生虫って、どんなのがいるのでしょうか。この記事ではその代表例を4つ取り上げます。併せて寄生虫対策も書きましたので、どうぞ参考になさってください。

 

スポンサーリンク

 

やけに濃い緑色

2021.9.30

かみさんが連れてきたアオスジアゲハの幼虫。

やけに濃い緑色。

ここまで濃いのは珍しい。

並べてみると違いがわかります。

終齢幼虫は寄生されている可能性が高いので、あまり連れてこないのですが、クスノキの葉っぱを採っているうちに、かばんにくっついていたとのこと。

それも珍しい。

寄生されていてもいなくても、越冬するでしょう。

 

2021/10/2

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました