質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【検証】アゲハチョウが飛ばない5つの理由と対策

アゲハチョウが飛ばない。もしかして、飛べないのか。

そう思われているところでしょうか。

なんで飛ばないの? どうしたらいいんだろう? とお考えかもしれません。

この記事ではアゲハチョウが飛ばない5つの理由と、それぞれの対策について書いています。

どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウが飛ばない5つの理由と対策

ここで書くことは、アゲハチョウの種類を問いません。

翅が湿っていて飛べない

アゲハチョウは羽化したばかりだと、翅が湿っていて飛べません。

ですから、この場合「飛ばない」というより、「飛べない」ということですね。

アゲハチョウは羽化すると、こんな感じで翅を乾かします。

翅が伸びきっても、通常羽化後3時間ぐらい経たないと、まともに飛べません。

その間、無理に飛ばそうとするとどうなるか。

羽化後

30分未満: 全く飛べない。
1時間程度: 少しは飛べる。上昇はしない。
2時間程度: 飛び方がぎこちない。普通に飛べる個体もいる。

我が家で観察したところ、こんな感じです。

ということで、この場合の対策としては待つことしかありません。

羽化不全で飛べない

羽化不全。これも「飛ばない」というより「飛べない」。

アゲハチョウの羽化不全というのは、ほとんどが翅の欠陥、欠損でしょう。

翅の再生はかなり難しいですが、可能性はゼロではありません。

こちらの記事をご覧になってみてください。

羽化目前、蛹の殻に穴が開いてしまい、片方の翅が乾燥してなかなか伸びなかったことがありました。

そういうケースの対策はこちらの記事でご覧ください。

ということですが、大半の羽化不全体はどうにもなりません。

こちらの記事を参考にして、寿命を全うさせてあげてください。

よろしくお願いします。

天気が悪いので飛ばない

アゲハチョウは雨が降っていたり、風が強かったりすると、飛べるのに飛ばないことがよくあります。

自分の意志で飛ばないんですね。

こんなことがありました。

羽化翌日10時40分 晴天

このように手に乗せてベランダに出すと、大抵の場合、すぐに飛んで行きますが、このクロアゲハは飛びませんでした。

それで、

このように床に置いて外出。約4時間後帰宅して見てみると、このまま動いていませんでした。

風が強かったからではないかと思います。

こういうことはこれまで何度もありました。

こういう場合、我が家では放っておくか、一度部屋に戻し、バタバタし始めたら放すようにしています。

温度が低くて動けない

アゲハチョウは温度が低いと飛べない、というか動けません。

何度ぐらいで動けなくなるのか。

こんな実験レポートがありました。 

冷蔵庫内で羽化できた温度と同じ 12℃ならば、代謝を止めずに動き続けることができた。また、さらに3℃下がった9℃でも動き続けることができ、6℃まで下がった時に代謝が止まり倒れて動かなくなったことから、成虫のアゲハの動ける限界の温度は7~9℃であることが判明した。
千葉県科学作品展のレポート

よくやった。

言うまでもないことですが、この場合の対策は温度を上げること。

暖かくなってから放すとか。冬場は家で保護するとか。

寿命が尽きようとしている

最後の理由は瀕死の状態、いまわの際、虫の息。

対策はありません。

あとがき

以上、アゲハチョウが飛ばない5つの理由と、それぞれの対策について書きました。

お役に立てば幸いです。

アゲハチョウの飼育をしていると、いろいろ戸惑うことがあるでしょう。

そういう時は当サイトのFAQを覗いてみてください。

大方の答えは見つかると思います。

アゲハチョウの幼虫に関する総括的な情報は、こちらの記事でご覧ください。

2021/5/2,2022/9/20

コメント

タイトルとURLをコピーしました