アゲハ飼育日誌1939 糸掛け失敗 またヤドリバエ 一撃

アゲハ飼育日誌2019年第39稿:

きょうから9月。いくら暑くても、もう夏とは言えません。

なんだか寂しいですね。

秋に何かいいことなんてあるのか知らん。

糸掛け失敗

2019.8.26~27

糸掛けを済ませているクロアゲハの幼虫が、こんなことになっていました。

何で下を向いているのか。

蛹になる場所を決めた幼虫は、糸掛けの前におしりをしっかり固定しますが、おそらくそれが外れてしまい、再度固定しようとして力尽きたのでしょう。

こんなことは過去に例がありません。

このままでは脱皮できないので、かみさんが救済しました。

キッチンペーパーをコーン状にして、適当な大きさのビンに入れ、そこに前蛹を置きました。

たまたま数日前にあったフォロワーさんからの問い合わせで、こういう方法があることを知りました。

この救済方法に関しては、こちらの動画 を参考になさってください。

翌日、無事蛹になりました。

アゲハの幼虫が蛹になるまでの準備全般に関しては、こちらの記事をご覧ください。

アゲハチョウ 蛹になるまでの期間 注意を要する3つのポイント
アゲハチョウの飼育をしていて、一番気を遣うのは幼虫が蛹になるまでの期間ではないでしょうか。その間には、注意を要する3つのポイントがあります。この記事では、その点について丁寧に解説しています。参考になさってください。
スポンサーリンク

 

またしても

2019.8.27

アオスジアゲハの蛹が、またヤドリバエの犠牲になりました。

蛹から落ちたヤドリバエの幼虫

ヤドリバエの幼虫を見るのは今季2度目。

ちょうどかみさんが見ている時に、蛹から出てきました。

今回寄生されていた蛹には、前回の記事 に書いたような怪しいところはありませんでしたので、意表を突かれました。

これで今季寄生虫の犠牲になったアゲハは卵2個と蛹2匹。

悲嘆。

 

一撃で退散

2019.8.28

ナミアゲハ終齢幼虫の領域侵犯。

青虫1が休んでいる葉っぱに青虫2がやってきて、その葉っぱを食べ始めました。

前回の日誌 に書いたクロアゲハのケースと同じパターンですが、結末は全く異なります。

一撃で退散。

そこに至るまで、青虫2の動きが何度か止まるところがおもしろいですね。「このまま食べ続けて大丈夫かなぁ」という心の声が聞こえてくるようです。

一撃の後は、青虫1が「おまえ!いい加減にしろよ!」と言って、ずっとにらみ続けているように見えてなりません。

こうやって見てみると、ナミアゲハは気性が荒いですね。

私はクロアゲハのような人になりたいと思います。

スポンサーリンク

 

あとがき

今回の”糸掛け失敗”や”ヤドリバエ”の事例を見ると、自然界でアゲハチョウが羽化する確率は1~2%というのがよくわかります。

幾つもの壁を乗り越えて羽ばたく命を愛おしく感じます。

 

2019/9/1

コメント

タイトルとURLをコピーしました