アゲハ飼育日誌1940 悲しい羽化 必死の抵抗 見つからない

アゲハ飼育日誌2019年第40稿:

このところ、我が家のアゲハたちがまた増えてきました。

今いるのは、ナミアゲハが卵1個、幼虫20匹、前蛹1匹、蛹8匹、クロアゲハが幼虫2匹、アオスジアゲハが蛹2匹。

羽化も連日のように続いていて、きょうも3頭が元気に飛び立っていきました。

本稿は悲しい羽化の話から。

悲しい羽化

2019.9.2~7

前々回の日誌 に書いた、脱走してトレーの下に張り付いていた、アオスジアゲハの蛹が羽化しました。

翅が乾いてからベランダのクスノキに乗せておいたのですが、なかなか飛んでいかないので、かみさんが指でつまんでみたら、前翅が簡単に取れてしまいました。

羽化不全体だったようです。

それでも、かみさんは責任を感じ、我が家で寿命を全うさせるつもりでいましたが、昨日午後、動かなくなっていました。

羽化した日から6日目の死。

昨年の番外編 に書いたモンシロチョウ羽化不全体(2週間生存)に比べると、かなりの短命でした。

取っておいた前翅を乗せた屍体。

このまま取っておくとのこと。

見ていると切なくなります。

スポンサーリンク

 

必死の抵抗

2019.9.3

ナミアゲハ2齢幼虫同士が激しいバトルを繰り広げていました。

前方の幼虫はおしりを固定したまま、上半身をのけぞらせて臭角も出し、必死に抵抗しています。

最初はおもしろがって見ていたのですが、かみさんが前方の幼虫は脱皮前であることに気づき、あわてて後方の幼虫を別の葉っぱに移しました。

動画の最後のほうで、お面が取れてしまったことがわかります。

 

それでも、脱皮はできました。

 

ただ、このように臭角が出っ放しになっています。

これも 今年の日誌30稿 に書いた、やくざ顔青虫のようになってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

 

前蛹の脱皮

2019.9.4

ナミアゲハ前蛹の脱皮を撮りました。

10分超えの長尺なので、途中の4分だけ。

これでも十分大変そうですが、最近ツイッターで見た蛾の幼虫の脱皮は3時間かかるようで、それに比べたら遊んでいるようなものです。

スポンサーリンク

 

見つからない

2019.9.4

このひと月ほど、アオスジアゲハの卵や幼虫が全く見つからないそうです。

近所のクスノキを見てみると、遥か上のほうに若葉が生い茂っているので、おそらくそこに産卵しているのでしょう。

人の手が届く場所に産む理由はありません。

クスノキの巨木しかない地域では、アオスジアゲハを採取できない時期ということか。

羽化は続いていて、残るは蛹2匹だけ。

寂しくなります。

 

これは本日羽化した蝶々さん。

やっぱり、奇麗ですね。

 

あとがき

話題性に乏しいので記事にはしていませんが、冒頭で述べたとおり、最近は羽化ラッシュです。

考えてみれば、今孵化する幼虫が羽化するのは10月上旬から中旬。微妙な時期です。

そろそろ卵や幼虫の採取はやめたほうがいいのかもしれません。

昨年の記録 を見てみると、昨年の秋は越冬蛹が欲しくて飼育を続けたものの、結局年内に全部羽化してしまったことがわかります。

難しいところですね。

 

2019/9/8

コメント

タイトルとURLをコピーしました