アゲハ飼育日誌1942 悲しい羽化続く トイレはきれいに

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第42稿:

今年はなぜかアオスジアゲハがよく死にます。

卵はタマゴコバチの寄生、幼虫はウィルス性の病気(?)、蛹はヤドリバエの寄生、蝶は羽化不全と受難続き。

ヤドリバエ以外は初めて見たことばかり。

本稿もそんな暗い話題から。

悲しい羽化続く

2019.9.7~13

前々回の日誌 に書いたアオスジアゲハに続いて、数日遅れで羽化した2頭も羽化不全でした。

1頭は朝になると、翅を落としながら窓際に移動していました。

ばたばた羽ばたきながら歩くので、翅が取れてしまうのです。蝶は羽ばたかないと歩けないのか。

3頭とも最初は健康体に見えたのですが、飛ぶことができず、そのうち片方の翅が抜け落ちたり、ちぎれたりして、痛々しい姿になりました。

3頭とも同じ場所で採取した個体。遺伝か、病気か、薬剤の影響か。

2頭目と3頭目も短命。吸蜜もままならず、4~5日しか生きられませんでした。

最後はずっと窓際で。

スポンサーリンク

 

トイレはきれいに使いましょう

2019.9.10

アゲハチョウの幼虫がきれい好きであることは知っていましたが、ここまできれい好きだったとは。

糞が落ちる場所をきれいに片付けてから排泄。

「トイレはきれいに使いましょう」。どこかに書いてあったような。

学ばされます。

 

ナミアゲハの幼虫密集

2019.9.12~16

ナミアゲハの幼虫が増えてきました。

最近かみさんは餌を節約するため、密集させています。

暑っ苦しい。

たまにトレイの上をさまよったりもしますが、何とか共存しています。

これはかつての”ちびっこ村”。

おそらく3齢幼虫。鳥の糞たち。

スポンサーリンク

 

またタマゴコバチ?

2019.9.13

ナミアゲハやクロアゲハの餌用に採ってきた葉っぱには、卵や幼虫が付いていることがあります。

これはその2つ。

明らかに違いますね。

左の卵は孵化間近。中に犬がいます。右の卵は 今年の日誌35稿 に書いた、寄生されている卵に似ています。

またタマゴコバチか。だとしたら、今季3度目です。

生きているのか、死んでいるのか。

厭な予感がします。

スポンサーリンク

 

あとがき

そろそろ越冬さなぎを意識する時期になりました。

昨年は11月に入っても羽化しました。

(興味のある方はこちらの記事の後半をご覧ください)

アゲハチョウの越冬は何で決まる?日照時間?気温?
越冬するかどうか、微妙な時期にアゲハチョウを飼育していますか? アゲハチョウの越冬は何によって決まるのでしょうか。この記事では、よく知られた通説と我が家の飼育経験に基づく結論を書いています。どうぞ参考になさってください。

その経験から、アゲハチョウはなかなか越冬しないという印象を持っていますが、今年はどうなるか。

越冬蛹がいれば春の楽しみが増えますが、寒い時期に羽化してしまったら可哀そうなので、いつまで卵や幼虫の採取を続けるのか、難しいところです。

アゲハ愛好家の皆さんはどうしていますか?

 

2019/9/20

コメント

タイトルとURLをコピーしました