アゲハ飼育日誌2037 お面飛ばし ジャコウアゲハ羽化

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第37稿:

月代わりと共に梅雨明け。

ほぼ1か月ぶりの朝から晴天。巡り合わせよく、今日は羽化ラッシュ。後述しますが、虎の子ジャコウアゲハも羽化しました。

お面飛ばし

2020.7.29

アゲハの幼虫は脱皮した後、自分の脱け殻を食べます。

但し、お面、つまり頭部の脱け殻は食べません。

これはナミアゲハ3齢幼虫。

吹っ飛ばしました。

何でお面は食べないのか。

硬いからか。栄養源にならないからか。

スポンサーリンク

 

青の個体差

2020.7.31

前回も少し触れましたが、アオスジアゲハの翅の青は個体差が顕著です。

概ね奥の蝶のような黄色っぽい水色か、手前の蝶のような鮮やかな水色に別れます。

前回の日誌 に書いた室内蝶はきれいな水色。

いつも窓辺で仲間が飛んで行くのを見送っています。

 

ジャコウアゲハ

虎の子ジャコウアゲハの続報。最終回。

蛹の変化

2020.7.28~

概ねナミアゲハやクロアゲハの蛹は、蛹化直後は緑色、その後茶色に変わるか、緑色のままかですが、うちのジャコウアゲハはこうでした。

7月21日、蛹化直後。濃い黄色。

7月28日、蛹化1週間後。少し冷めた黄色。

夏型はみんなこうなのかどうかはわかりません。

7月31日、羽化前日9時11分。上部が黒ずんできました。

余計なことですが、角隠しをかぶったアヒルに見えませんか?

同日22時45分。全体が黒くなり、今にも出てきそうです。

スポンサーリンク

 

羽化・放蝶

2020.8.1

朝起きたら、羽化していました。

羽化の動画を撮れず残念。

幼虫は真っ黒ではなく、濃い茶色だったので、勝手に雌だと思っていたら、雄でした。

翅も胴体も差し色はオレンジ色っぽい黄色。今年の春に羽化した雄蝶はすべて赤でしたので、意外でした。

と言っても、春型は赤、夏型は黄色というわけではなく、個体差です。

越冬して春に羽化した雄蝶は 今年の日誌7稿 で、雌蝶は 今年の日誌9稿 でご覧ください。

春に羽化した蝶は不用意にベランダから放しましたが、うちの周辺にはウマノスズクサの自生地がないことに気づき、今回は産卵地で放蝶することに。

翅を傷付けないようにトレーシングペーパーに包んで移送。

産卵地に着くと、ちょうど雌蝶が飛んでいたので、そこで放したのですが、全然違う方向へ飛んで行きました。

ともあれ、これで我が家初のジャコウアゲハ飼育は無事終了。ミッションコンプリート。

おまけでこの日、私は初めて自宅以外でジャコウアゲハの実物を見ることができました。

スポンサーリンク

 

羽化日和

2020.8.1

冒頭で述べたとおり、今日は絶好の羽化日和。

ここに写っているのは5頭だけですが、全部で8頭(ジャコウアゲハ1頭、ナミアゲハ2頭、アオスジアゲハ5頭)羽化しました。

夕方と夜に羽化したアオスジアゲハはお泊りですが、残り6頭は放蝶、羽化不全なし。

幸せな日でした。

 

2020/8/1

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました