アゲハ飼育日誌2038 3世代 3匹目 マクロレンズ

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第38稿:

立秋。今日から残暑。

我が家ではひと頃の蛹化ラッシュが転じ、今はプチ羽化ラッシュが続いています。

幼虫はだいぶ減りました。一時期多かったのは、先が危ぶまれる卵や幼虫をかみさんが持ち帰っていたから。

最近はそういう卵や幼虫を目にしないそうです。

3世代

2020.8.1

アオスジアゲハ3世代。

幼虫はワンダリング(蛹化の場所決め)中です。

今年もアオスジアゲハはすでに5,6匹、ヤドリバエの犠牲になっています。

ヤドリバエをご存じない方は、こちらの記事をご覧ください。

【閲覧注意】ヤドリバエの幼虫がアゲハの蛹から出てきた‼
寄生虫ヤドリバエの幼虫がアゲハの蛹から出てきました。出てくるところをご覧になったことがありますか? この記事に動画がありますので、興味のある方はご覧ください。

アオスジアゲハは寄生されやすいそうですが、なぜなのか。調べてみましたが、明確な理由はわかりませんでした。

若齢幼虫の時から緑色なので、卵を産み付けられやすいのか。あるいは、寄生バエや寄生バチはクスノキ科植物によく産卵するのか。

どうなんでしょうね。

ご存じの方、教えてください。

スポンサーリンク

 

3匹目

2020.8.4

朝起きたら、クスアオシャクの成虫(今季3匹目)が壁に張り付いていました。

これはシーツの上。横幅2cmほど。

アゲハとは違う趣。これはこれできれいですね。

飛ぶとアゲハ以上に不規則な動きで、すぐ見失ってしまいます。

こうやって茎を演じている姿が可愛いそうで、最近かみさんは気に入っています。

突っつくと、もじもじ動くんですよね。

スポンサーリンク

 

大きい

2020.8.4

前々回の日誌 に書いたとおり、クロアゲハの穴場を見つけましたので、珍しく今幼虫が4匹もいます。

飼育係は多忙なので、この辺が妥当な数。

一番大きいのは、うちに来た時すでに4齢幼虫でしたので、寄生されていないか心配です。

クロアゲハは糞も大きいですね。

スポンサーリンク

 

マクロレンズ

当サイトの写真や動画はすべてiPhoneで撮っていますが、先週から新しいマクロレンズを使うようになりました。

これまでは100均(キャンドゥ)のマクロレンズだけでしたが、インスタグラムのフォロワーさんに触発されて購入。買ったのは、セルカレンズのActyGo(撮影倍率15倍)。

それが期待外れと言うか、思い違いと言うか、予想外の商品でした。

まず、レンズの大きさにびっくり。口径が42mm(100均レンズは18mm)。「大口径レンズを採用」という文言を見ていませんでした。

それと「安価なマクロレンズの場合、被写体まで1cm~2mまで寄らなければならないのに対し、ActyGoのマクロレンズは被写体から3~6cmの余裕を持った距離で撮影可能」と書いてあったので、てっきり被写体から程良い距離で、100均レンズと同じくらいの拡大写真を撮れると思ったのですが、違いました。

100均レンズはここまで拡大できますが、

ActyGoはここまでしか拡大できません。これ以上近づくとピントがボケてしまいます。

ただレンズが大きい分、ボケる領域が少なく、手振れも少ないので、中途半端な拡大写真なら100均レンズより綺麗に撮れます。

これからマクロレンズを購入する方は、参考になさってください。

 

2020/8/7

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました