アゲハ飼育日誌2045 蛹の叫び 大きな卵 アカボシゴマダラ

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第45稿:

先週末から最高気温が30度を下回る日が続き、幾分秋めいてまいりました。

嬉しいような寂しいような。

今回はちょっと切ない話から。

蛹の叫び

2020.9.9~11

2晩続けて、幼虫たちが葉っぱをかじる音に交じり、「シュッ、シュッ」という音が断続的に聞こえていました。

蛹が動く音に似ていると思いつつ、蛹がそんな頻繁に動くはずはないと思っていましたが、翌朝やはり蛹の音だったことがわかりました。

ナミアゲハの蛹が1匹、黄色く変色していたからです。

蛹の中でヤドリバエが孵化して動き出したのでしょう。それで上半身を激しく振っていたのだと思います。

隔離すると、次の日にうじ虫が出ていました。

おそらく蛹の中はまだドロドロの状態だったと思いますが、拒絶反応を示していたのでした。

ドロドロでも2日に及ぶ必死の抵抗。

あの「シュッ、シュッ」という音は、声にならない蛹の叫びだったのです。

それがわかったら、なんだか切なくなりました。

蛹の叫び。魂の叫びと同義です。

スポンサーリンク

 

大きい卵

2020.9.12

かみさんが柑橘の葉で、ナミアゲハよりひと回り大きい卵を見つけてきました。

右がその卵、左はナミアゲハの卵です。

大きさとしてはクロアゲハの卵と同じぐらいですが、色が違います。(クロアゲハの卵はオレンジ色に近い黄色)。

この色でこの大きさ。いったい何の卵なのか。

ご存じの方、教えてください。

ジャコウアゲハ、キアゲハに続く、今季3つ目の初物かと、期待に胸が膨らみます。

 

のどぐろ羽化

2020.9.13

前々回の日誌 に書いた、黒くなったアオスジアゲハが無事羽化しました。

かなり小型ですが、羽化不全ではありません。

あの黒ずみが気になって、まともに羽化できるのかと心配していました。

脱け殻を見ると、

黒い帯糸が残っています。

体液か吐しゃ物による黒ずみ。

スポンサーリンク

 

アカボシゴマダラ

2020.9.13

かみさんがアカボシゴマダラの写真を撮ってきました。

アカボシゴマダラ。チョウ目アゲハチョウ上科タテハチョウ科。

奇麗な蝶ですが、特定外来生物とのこと。

環境省公式サイトの特定外来生物等一覧にちゃんと載っていました。

外来生物法によると、愛がん目的でも特定外来生物を許可なく飼育した場合、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科されます。

皆さん、お気をつけください。

1995年以降、中国大陸から持ち込まれ、人為的な放蝶により関東地方で増えたそうです。

私はまだ実物を見たことがありません。

 

2020/9/17

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました