アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

アゲハ飼育日誌2105 越冬羽化今季初 越冬孵化続出 春告蝶

アゲハ飼育日誌2021年第5稿:

自然界ではアゲハの羽化がちらほらと始まっているようですね。

まだ実物を見たことはありませんが、ツイッターの便りでわかります。

今年は全国的に桜の開花が早かったように、アゲハの羽化も早いのかもしれません。

我が家でも。

 

越冬羽化今季初

2021.3.26~29

今年も越冬蛹最初の羽化はアオスジアゲハでした。

前回の日誌 に載せた蛹が色づき始めたので、

エッグスタンドでスタンバイ。

3月28日21時23分羽化。

我が家ではほとんど午前中に羽化するので、これは異例の時間帯です。

何度も見ている光景ですが、年の初めは特別に感じます。

羽化不全でなくて、よかった。

発色はよくありません。春型はだいたいこんな感じですね。

昨年も越冬蛹最初の羽化は、ベランダにいたアオスジアゲハでした。

少し早過ぎたと思いますが、昨年のまだ冬のようだった3月4日に比べれば、まだまし。

しばらく暖かい日が続くという予報が出ていたので、翌日放蝶しました。

 

スポンサーリンク

 

越冬孵化続出

2021.3.30

越冬成功続出。

と言っても、羽化ではなく孵化。

3匹。やですね。

1匹は幼虫。元気よく動いていましたが、動画を撮るのはやめました。YouTubeのチャンネル登録者が減ったら困るので。(笑)

前回の日誌 に載せた最初の1匹を発見した日から10日目。

まだ出てくるでしょうね。

今回犠牲になったのは、ナミアゲハ1匹とクロアゲハ2匹。

 

こんな写真撮ってどうする。

 

春告蝶

2021.3.30

かみさんが撮ってきた小さな蝶。

おそらくキチョウとシジミチョウ。

春先に出てくるのはこういう小型の蝶ですよね。

春告花と言えば、梅、椿、福寿草。春告魚はメバル、ニシン。

では、春告蝶は?

花や魚ほど認知されていないものの、検索したら出てきました。モンシロチョウ、ミヤマセセリ、コツバメ、ギフチョウなど。

ギフチョウは唯一アゲハ(アゲハチョウ亜科)。

かわいいですね。

鳥から身を守る不規則な飛行。

春告鳥と言えばウグイス。あとは山口百恵19枚目のアルバム。

 

スポンサーリンク

 

やっぱり光?

ベランダの蛹は羽化しましたが、ダンボール箱(蓋つき)の越冬蛹は、まだ1匹も色づいていません。

ということは、やはり 今年の日誌1稿 に書いたとおり、光が当たっていると羽化が早まるのか。

ヤドリバエに光が関係ないことはわかりました。

 

2021/4/4

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました