アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

アゲハ飼育日誌2101 カブの虫 明るいと羽化する?

アゲハ飼育日誌2021年第1稿:

今年最初のアゲハ飼育日誌。

昨年は短日処理が上手くいき、我が家の越冬蛹に動きはないので、日誌の投稿はさぼっていました。

その間kindle本に注力していましたが、長らく投稿なしはブログ運営上よくありませんので、この辺で投稿します。

カブの虫

2021.1.3~13

年を取ってきたらすっかり健康志向になり、最近野菜は無農薬栽培のものしか食べなくなってきました。

そんなことで、通販で買ったカブの葉っぱに謎の虫が。

背中に開口部があるようなので、イモムシではなさそうです。

ちょっと調べただけではわからなかったので、こんなツイートをしました。

某むっしーさん、ぁぃの飼育ブログさん、ありがとうございました。

ヒラタアブ。

たまたま昨年12月の暖かい日に、うちのベランダにいたこれです。

まさか、こんなことでつながるとは。

これはてっきり蜂だと思ってツイートしたら、ヒラタアブとのご指摘。

ツイッターって、便利ですね。

すぐに教えてもらえるので、助かります。

それでも10日後、あえなく死んでいました。

羽化を見られず、残念。

 

スポンサーリンク

 

ベランダ組

2021.1.14

ベランダのクスノキにアオスジアゲハの越冬蛹がいます。

今年は2匹。

うち1匹の糸が、強風で葉っぱから剝がれていました。

これでは羽化できないので、かみさんが蛹ポケットに入れて、ダンボール組に合流。

残りの1匹は大丈夫そうですが、いつ出てくるか。

昨年の日誌6稿 にあるとおり、昨年のベランダ越冬蛹が最初に羽化した日は3月4日。寒い日で、翌日には死んでしまいました。

昨年は4月30日に羽化した蝶もいて、同じ環境でこの差は何なのか。ちょっとした陽当りの違いか、単なる個体差か。

早過ぎない羽化を願います。

 

明るいと羽化する?

2021.1.14

越冬蛹は明るい所にいると、羽化してしまうかもしれません。

こんなツイートがありました。

きみどりさん、貴重な情報をありがとうございます!

蛹がいたのは「玄関横の窓の所」とのことなので、おそらく何らかの光がずっと当たっていたのでしょう。

それにしても、11度で羽化してしまうとは。しかも、蛹になったのは7月。

これは近所のクスノキ(街路樹)。

もし街灯直下に越冬蛹がいたとしたら、早春に羽化してしまうのか。

うちのベランダにいる越冬蛹は?

やはり、人間が関わるとだめなのか。

玄関横の窓も街灯もベランダも人工物。

アゲハにとってはどれも迷惑な話なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

余聞

昨年冬の飼育日誌を見ていると、申し訳ないような、気の毒なような、切ない気分になります。

今年は冬アゲハがいない、普通の冬を過ごすことができました。

フォロワーさんからの貴重な情報と、かみさんの努力のおかげ。情報を集めてまとめているだけの私としては、感謝するのみ。

蝶がいなかった冬は進歩の証しです。

 

2021/3/1

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました