アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

アゲハ飼育日誌2112 新卵採取 クロアゲハ春型 蛹炭化

アゲハ飼育日誌2021年第12稿:

九州から東海地方までは先週梅雨入り。平年より3週間前後早いとのこと。

東京も1週間以上曇天、雨が続いていますので、もう梅雨入りしているのかもしれません。

5月半ばから梅雨入りなんて。

やですね。

 

新卵採取

ナミアゲハだけだった夏型飼育に、新たな仲間が加わりました。

クロアゲハ

2021.5.8~10

まずは、クロアゲハ。

何だか賑やかなので、「もしかして新顔のアゲハ?」と思いましたが。

調べてみたら、オレンジ色のこの手の卵はクロアゲハしかありません。

そのとおり、

2日後に見慣れた幼虫が孵化。

久しぶり。

 

スポンサーリンク

 

アオスジアゲハ

2021.5.8~12

あとは、アオスジアゲハ。

卵3つ。

この時点ではまだわかりませんでしたが、4日後、2つは寄生されていることが判明。

既視感。

おそらく、またタマゴコバチでしょう。

 

1つは無事に孵化しました。

ずんぐりしゃもじ型の前段階。

楽しみ。

スポンサーリンク

 

クロアゲハ春型

2021.5.8~14

クロアゲハの越冬羽化が4頭続きました。

それがすべて寝ている間に。つまり、夜中か早朝。

クロアゲハに限らず、春型は夏型と比べると、その時間帯に羽化することが多いように感じます。

今年はまじめに羽化の時間を記録していますので、そのうち報告します。

ということで、羽化の動画は撮れませんでした。

赤斑が多い

春型は夏型より赤斑が多くなります。

おしりが見えないのではっきりしませんが、これだけ赤斑が多ければ、雌で間違いないでしょう。

黒と赤のコントラストが綺麗ですね。

夏型だけかもしれませんが、これに青い鱗粉が交じる時もあります。( 昨年の日誌42稿

 

雄の後翅

今回発見したことがありました。

動画のスクリーンショットなので不鮮明ですが、後翅の上部に白い帯状の模様があります。

最初これに気づいた時は、「クロアゲハではないのではないか」と心ときめきましたが、クロアゲハでした。

調べてみたところ、春型も夏型も、雄にはこういう模様があるんですね。

後翅の上部は一番見えにくい所なので、気づきませんでした。

今さら。

スポンサーリンク

 

蛹炭化

寄生されているわけではないけれど羽化しない越冬蛹。

1つありました。

クロアゲハ。乾燥してスカスカ。

5年前、我が家で初めて蛹化したアゲハがこうなりました。

それ以来かもしれません。

蛹の炭化。

 

2021/5/20

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました