アゲハチョウ 脱皮の回数 動画でわかる脱皮の様子

アゲハチョウの幼虫は脱皮を繰り返し、蛹になり、蝶になります。

では、幼虫は何回脱皮するのでしょうか。

この記事では脱皮の回数がわかるだけでなく、脱皮の様子を動画でご覧いただけます。

 

アゲハチョウ脱皮の回数

通常、アゲハチョウは5回脱皮します。

1齢から2齢、2齢から3齢、3齢から4齢、4齢から5齢幼虫、5齢幼虫から蛹になる時です。

ごく稀に6齢まで行く幼虫がいますが、そうなると脱皮は6回になります。

これはクロアゲハの脱け殻一式です。

左から1齢幼虫の胴体、1齢幼虫の頭部、2齢幼虫の頭部、3齢幼虫の頭部、4齢幼虫の頭部、前蛹の脱け殻となっていて、合計5回脱皮したことがわかります。

後掲の動画にあるとおり、通常アゲハの幼虫は脱皮後、頭部を除く脱け殻を全部食べます。

ところが、この個体はなぜか最初の脱皮の時、胴体の脱け殻も食べませんでした。

 

スポンサーリンク

 

アゲハチョウ脱皮の動画

次に、幼虫の脱皮の動画をご覧ください。

脱皮の様子がわかります。

クロアゲハ

最初はクロアゲハの4齢幼虫が5齢幼虫になる時の脱皮。

早送りです。

最後に口から何か出したように見えたかもしれませんが、それは頭部の抜け殻です。

かみさんはこれを「お面」と呼んで保管しています。

この前、1つ潰してしまったら、えらい勢いでおこられました。

 

このあと、戻ってきて脱け殻を食べます。

無駄を出さないクリーンなエコロジー。

よくできていますね。

 

スポンサーリンク

 

アオスジアゲハ

次はアオスジアゲハの4齢幼虫が5齢幼虫に脱皮する時の動画。

早送りではないので、少々長くなります。

途中でお面が落ちました。

最後は抜けきったことを確かめるようにお尻を振っています。

がんばりました。

5齢幼虫になると、

このように突起部が黒から白に変わり、胴体に一本太い筋が入ります。

3齢幼虫から4齢幼虫に脱皮した後に、自分の脱け殻を食べる動画もあります。

完食です。

 

スポンサーリンク

 

ナミアゲハ

ナミアゲハの4齢幼虫(鳥の糞)が脱皮して5齢幼虫(青虫)になるところ。

これも早送りではないので、少々長くなります。

体の表面は濡れていて、すぐに乾く様子がわかります。

ボロボロになった服を脱ぎ棄てる風情。

 

余聞

以上、アゲハチョウ脱皮の様子でした。

最後に、昨日羽化したナミアゲハ出立の動画をご覧いただき、お別れしたいと思います。

ご視聴ありがとうございました。

 

2018/6/10,2020/8/13

コメント

タイトルとURLをコピーしました