質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【検証】アゲハチョウ幼虫の脱皮 回数 時間 前兆 失敗の原因と対策

アゲハチョウ幼虫を育てていますか? 幼虫は脱皮を繰り返して蛹になります。脱皮に関する正しい知識がないと、最悪の場合死なせてしまうかもしれません。

我が家では毎年幼虫をたくさん育てていて、いろいろ学びました。この記事では以下の質問に答えます。

  • アゲハチョウの幼虫は何回脱皮するのか?
  • 脱皮にはどれくらい時間がかかるのか?
  • 脱皮にはどんな前兆があるのか?
  • 脱皮失敗の原因と対策は?

質問の答えがわかれば、幼虫が蛹になる確率は高くなるでしょう。

アゲハチョウ幼虫の脱皮

脱皮の回数は通常5回

通常、アゲハチョウの幼虫は 5回脱皮します。

1回目1齢幼虫から2齢幼虫になる時
2回目2齢幼虫から3齢幼虫になる時
3回目3齢幼虫から4齢幼虫になる時
4回目4齢幼虫から5齢幼虫になる時
5回目前蛹*から蛹になる時

*5齢幼虫は糸掛けをしたあと形を変え、前蛹になります。

ナミアゲハの前蛹
ナミアゲハの前蛹

5齢幼虫が前蛹になるまでの期間は概ね5~7日です。

ごく稀に、前蛹になる前にもう1回脱皮して6齢幼虫になる、つまり6回脱皮することがあります。発育状態が悪いとそうなるようですが、我が家では一度も見たことがありません。

これはクロアゲハの脱け殻一式。

左から1齢幼虫の頭部、2齢幼虫の頭部、3齢幼虫の頭部、4齢幼虫の頭部、前蛹の脱け殻となっていて、合計5回脱皮したことがわかります。

なぜ最初の4つは頭部しかないのか。あとでわかります。

脱皮にかかる時間は7分前後

脱皮にはどれくらい時間がかかるのか。我が家で撮った動画を観てみたところ、どれも7分前後でした。

これはナミアゲハ4齢幼虫の脱皮。

10倍速。7分15秒かかりました。

もうひとつ、アオスジアゲハ4齢幼虫の脱皮。早送りではないので、少々長くなります。

途中からでした。

最後は抜けきったことを確かめるように、必ずおしりを振ります。

脱皮したばかりのアオスジアゲハ5齢幼虫。

脱皮後は脱け殻を食べる

幼虫は脱皮完了後、しばらく休んでから脱け殻を食べます。

こんな感じで。

クロアゲハ4齢幼虫

まず、脱皮。

脱け殻完食。

つなげて編集しました。

エコでクリーンな習性に感心します。

脱皮の前兆 動かない

幼虫は脱皮前になると葉っぱを食べなくなり、こんな感じで動かなくなります。

このように、おでこをべったり葉っぱにくっつけて動かなくなったら、脱皮の前兆です。この状態で1~2日かけて新しい体を準備しますので、そっとしておいてください。

前蛹が脱皮する前は表皮が浮き立ってので、一目瞭然でわかります。

ナミアゲハの前蛹

これが脱皮目前になると、

脱皮前のナミアゲハの蛹

こうなります。

前蛹は糸掛けをした後1~2日経つと脱皮して蛹になります。

脱皮失敗の原因と対策

脱皮失敗のありがちが原因と対策は以下のとおり。

足場から離れる

一番多い脱皮失敗の原因は、幼虫が葉っぱから落ちるなどして、足場(張り巡らした糸)から離れてしまうことです。

そうなると脚を踏ん張れないため、脱皮できません。

一度離れてしまったら、元の場所に戻しても駄目ですよ。

その場合は脱脂綿など、脚を踏ん張れる物の上に幼虫を置いて、脱皮を手伝うことができます。

糸を再利用する方法もあります。こちらの記事をご覧ください。

皮が一部残る

これは滅多にないことですが、脱皮の皮が一部残ってしまうことがあります。そのままにしておくと、成長が阻害されて死んでしまうでしょう。

対策はこちらの記事でご覧ください。

脱皮阻害剤

もうひとつ、脱皮阻害剤という原因も挙げておきます。

脱皮阻害剤とは名前のとおり、昆虫の脱皮を阻害して死に至らせる薬剤。ホームセンター店頭販売の鉢植えなどにも使われているようです。

脱皮阻害剤が付いた葉っぱを食べた幼虫は、脱皮の途中で死にます。これはどうにもなりません。

実例はこちらの記事でご覧ください。

あとがき

以上、アゲハチョウ幼虫脱皮の回数、時間、前兆、失敗の原因と対策について書きました。お役に立てば幸いです。

アゲハチョウの幼虫に関する総括的な情報は、こちらの記事でご覧ください。

おまけです。

出立。

2018/6/10,2023/1/24

動画アーカイブはこちら

チャンネル登録お願いします‼

豆知識
趣味のアゲハ館

コメント

タイトルとURLをコピーしました