アゲハ飼育日誌1957 ベランダ組避難 恐れていた羽化

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第57稿:

東京は今日から本来の寒さに戻りました。

昨日までは陽射しを浴びて、幸せそうに飛んでいた我が家のアゲハたち。今は寒々とした窓辺でじっとしています。

大雪の明日は、初雪になるかもしれないとの予報。雪見アゲハになるか。

その前に、日誌はまだ先月末の話。

ベランダ組在宅避難

ベランダにいるアオスジアゲハたちを部屋に避難させました。

幼虫3匹

2019.11.27~28

前々回の日誌 に書いたベランダのアオスジアゲハ3幼虫は、寒さで動きが止まっているようなので、クスノキの鉢植えごと部屋の中に入れました。

すっかり冷たくなっていた幼虫たちを、かみさんが手の平で温めたところ、葉っぱを食べ始めたので一安心。部屋に入れるのがもう少し遅かったら、死んでいたかもしれません。

気温が下がってきたのでメーターボックスからベランダに移して数日放置。うかつでした。

前回の日誌 に書いた前蛹目前だった1匹は、おそらく最後の排泄ができなかったのでしょう。

あれから2日たつのに、まだ前蛹になっていませんでした。

それでも、このとおり翌日ちゃんと糸掛けをして、無事前蛹になりました。

糞詰まりの状態が長引いて、苦しかったかもしれません。

悪いことをしてしまいました。

スポンサーリンク

 

蛹1匹

2019.11.28

ベランダにいる蛹2匹のうち、羽化しそうな1匹を部屋に入れました。

前回の日誌 に書いたYahoo!知恵袋の回答にあるとおり、放っておいたら羽化不全になると思ったからです。

このとおり、だいぶ色づいています。

拡大して見てみると、

足場の糸がびっしりついていること、背中の糸が蛹の成長と共に胴体にくい込んで、埋もれていることがわかります。

スポンサーリンク

 

恐れていた羽化

2019.11.29

部屋に入れたアオスジアゲハの蛹は翌日の夜遅くに羽化しました。

前回うまくいった寝かせ方式にして、蝶ネットの中に置いておいたのですが、今回はひっくり返った状態で羽化。翅が下になってもがいていました。

たまたまかみさんが早めに気づいて救出。

危ういところ、翅は折れずに済みました。

これでアオスジアゲハが2頭に。

恐れていた♂と♀?

雄雌の見分け方を調べたところ、アオスジアゲハは翅の長さやおしりの形状などで見分けるらしく、模様でわかるクロアゲハのように、一目瞭然というわけではないようです。

見立てが間違っていたら大変なので、とりあえず2頭が同じ空間にいないように、蝶ネットの中と外に別れるようにしました。

ペアリングされたら、部屋の中のクスノキに産卵されてしまいます。

そんなことになったら大変です。

スポンサーリンク

 

あとがき

昨年のアゲハ飼育は11月中旬で終わりましたが、今年はまだしばらく続きます。年が明けてもやっているかもしれません。

「今うちにはアゲハチョウがいる」と言うと、みんな驚きます。「そんな話は初めて聞いた」と言う人もいました。

我が家でも初めての経験です。

 

2019/12/6

コメント

タイトルとURLをコピーしました