アゲハ飼育日誌2025 カラフルな糞 ホーム共有の不都合

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第25稿:

このところ、夜はアゲハの幼虫たちが葉っぱをかじる音で眠りに就き、朝はスズメのさえずりで目が覚めます。

我が家の外(ベランダ)はスズメ天国、中はアゲハ天国になっているのでした。

今季初

2020.6.12

そろそろ終わる”今季初”。

今回はアオスジアゲハ夏型の羽化。

今年の日誌14稿 にあるとおり、孵化した日付は5月13日なので、今年の日誌22誌 に載せたナミアゲハとぴったり同じ、30日目の羽化でした。

多少個体差はありますが、ナミアゲハとアオスジアゲハは覚えやすくていいですね。

こちらも健康体で幸先のいい出だし。

残る”今季初”はクロアゲハの羽化。もうすぐです。

スポンサーリンク

 

カラフルな糞

2020.6.12

アオスジアゲハの幼虫はガットパージ(幼虫最後の排泄)の時、ナミアゲハやクロアゲハのような水様便はしません。

代わりにワンダリングの後、つまり蛹になる場所を決めた後、こういう糞をします。

これは4匹分。

黒い糞は直径3mm、カラフルな糞は直径1mm程。(写真は拡大しています)

まず、黒い糞をして、最後にカラフルな糞をします。

これで蛹化前の排泄は終了。消化管に残っていた余分なものがすべてなくなり、糸掛けを始めます。

かみさんが最近発見しました。

ご存じでしたか?

追記(2020.7.30):

アオスジアゲハの水様便を初めて見ました。今年の日誌34稿 の中程をご覧ください。

スポンサーリンク

 

ホーム共有の不都合

2020.6.14~17

アオスジアゲハの幼虫は、ホームの葉っぱ*を共有することがよくあります。

大抵の場合、終齢幼虫になると片方が別の葉っぱに移っていきますが、

このように、なかなか離れないペアがたまにいます。

こうなると、都合の悪いことが生じます。

例えば、こんなふうに。

これはどんな状況か、わかりますか?

左側の幼虫は脱皮しましたが、右側の幼虫が定位置に戻ってきたため、脱け殻を食べられなくなってしまったのでした。

さらに、こんなことも。

左側の幼虫はおしりにくっついたままの糞を、左側から取ろうしていますが、取れません。

それで今度は右側から取ろうと思ったようですが、隣りの幼虫が密着しているので、あきらめたようでした。

そもそも、なんで一緒にいるのか。

 

*アゲハの幼虫にはホームと餌場を別にする習性があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【発見‼】アゲハチョウ幼虫の観察 餌の食べ方 おもしろい習性
アゲハチョウの幼虫を観察していますか? 気づいたことがありますか? アゲハチョウの幼虫は種類によって外見だけでなく、性格や行動様式も異なります。観察しているうちに、おもしろい習性があることに気づきました。どうぞご覧ください。
スポンサーリンク

 

あとがき

昨日午後、仕事から帰ると、ベランダでスズメの声がしたのですが、行ってみると姿は見えません。

前に目をやると、電線の上に3羽止まっていて、こっちを見ています。

餌の容器が空っぽだったので、催促しに来たのか。

餌を入れて、私が中に引っ込むと、「待ってました」とばかりに続々集まってきました。昨日は朝から雨がひどかったので、あまり食べる物が見つからなかったのかもしれません。

ひなも2羽いて、ずっと食べていました。

ひな(右)に口移しで餌を与える親スズメ(カーテン越しのため不鮮明)

しこたま食べた後、土浴びをしていくスズメも。

今やうちのベランダはスズメのリゾート状態になっています。

アゲハはしばらく見ていると飽きますが、スズメはずっと見ていられます。

 

のえる 様

今朝お問い合わせいただいた件の回答を送りましたが、エラーリターンしました。お手数をお掛けして申し訳ありませんが、Gmailを受信できるアドレスから再度お問い合わせください。

 

2020/6/23

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました