飼育ノウハウは ≫ FAQ ≪ でご覧ください

アゲハ飼育日誌2143 3匹潜伏 また記録更新 前蛹と蛹救済

アゲハ飼育日誌2021年第43稿:

■ヤドリバエうじ虫3匹潜伏

■想定外の羽化2頭で最遅記録更新

■アオスジアゲハ短命11日で没

■ジャコウアゲハの前蛹と蛹救済

■当分終わらない今期の飼育

3匹潜伏

2021.12.4~7

11月19日に保護したアオスジアゲハ5齢幼虫。( 今年の日誌40稿

蛹にはなれたものの、案の定寄生されていました。

スマホのライトで透視。

ヤドリバエの幼虫が3匹うごめいています。

やだね。

3日後、出てきました。

でか。

普通はもっと小さいうちに出てきます。

寒くてなかなか出られなかったのか。

 

また記録更新

また想定外の羽化。

ナミアゲハ

2021.12.5

まず、ナミアゲハ。

越冬箱の覆い(不織布)に張り付いていたところを発見。

翅は伸びきっていたものの、まだちゃんと飛べなかったので、おそらく羽化してから1,2時間しか経っていなかったのでしょう。

飼育ネットに移動。

8時3分。

同居のツマグロヒョウモンとアオスジアゲハはまだ寝ていたのに。

大迷惑。

 

クロアゲハ

2021.12.7

2日後、クロアゲハ羽化。羽化の最遅記録、また更新。

越冬箱の底に横たわっていました。

手に取ってみたら、すでに瀕死の状態。

発見が遅れました。

痛恨の極み。

冷たい箱の中に何時間ぐらいいたのか。

翌日落命。

申し訳ない。

 

 

短命11日

2021.12.9

前回の日誌 に載せたアオスジアゲハ。

ネットの中、この姿勢のまま永眠。

羽化11日目。この時期にしては短命でした。

一昨年冬の蝶たちは概ね2か月ぐらい生きていたと思います。

ナミアゲハと同居はストレスが大きかったか。

ナミは落ち着きがないからね。

 

前蛹と蛹救済

2021.12.9~

船堀界隈唯一のジャコウアゲハ繁殖地で前蛹発見。

団地の壁。

寒くて蛹になれないだろうと思って持ち帰り。

前蛹ポケットに収納。

翌朝見てみると、無事に蛹になっていましたが、脱け殻がくっついたまま。

しかも、小さい。

餌の摂取量が少なかったのでしょう。

ほかに、危険な場所に張り付いていた蛹5匹も持ち帰り。

一昨年の秋と同じです。( 一昨年の日誌49稿

脱け殻は蛹が固まってから外しました。

 

当分終わらない

時節柄、アゲハチョウの記事は読まれなくなってきたので、もう今期の飼育は終わりにしてほしいのですが、当分終わりそうにありません。

今うちにいる蝶はナミアゲハ1頭とツマグロヒョウモン3頭。

陽が当たると、外に出たくてしょうがないご様子。

もう外では生きていけないよ。

これは喜んでいるのか、駄々をこねているのか。

ツマグロヒョウモンは蜜を吸い始めると必ずこうなります。

タテハチョウ科はこうなる、吸蜜で体温が下がるので動いて発熱、というツイッターのリプ。

勉強になります。

 

2021/12/18

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました